ほぼにち教養

ほぼにち教養

【ほぼ日教養】ヴェルサイユ条約

第一次世界大戦を正式に終わらせた条約。 数ヶ月の交渉後、1919年にパリで署名された。 これにより、世界地図が再編された。 敗戦国であるドイツはヨーロッパの領地や植民地を失った一方、戦勝国のフランスとイギリスは中東にあった旧オスマ...
ほぼにち教養

【ほぼ日教養】福音書

福音とは、「良い知らせ」という意味。 一般的には、新約聖書の正典である四福音書を指すのに使われる事が多い。 四福音書 マタイによる福音書 マルコによる福音書 ルカによる福音書 ヨハネによる...
ほぼにち教養

【ほぼ日教養】ルネサンス美術

中世の次、近代の前。 ルネサンス(Renaissance)という言葉は、ラテン語で「再生する」という意味のレナースケレ(Renascere)を語源としており、古代ギリシャ、ローマ文化の再生を意味している。
ほぼにち教養

【ほぼ日教養】ペスト(黒死病)

1347年から1350年に大流行した。 この期間だけでヨーロッパの人口の1/3が命を落とした。 かかった患者は、嘔吐→下痢→皮膚が黒くなるという症状が現れ、数日で死亡した。
ほぼにち教養

【ほぼ日教養】ジャンヌダルク

1412〜1431 農家の娘ながら17歳で中世のフランス軍を指揮してイングランド軍と戦った少女。 最後はイングランド軍に捕らえられて火炙りの刑に処されたが、彼女の勇気溢れる行動にフランス軍は感化され、イングランド軍を国内から追い払った。
ほぼにち教養

【ほぼにち教養】フランス革命

1789年7月14日、政治犯開放を目指すバスティーユ襲撃から始まり、1793年には王と王妃マリーアントワネットが処刑された。 当時、政治犯は捉えられると、パリ中心部にある恐怖のバスティーユ監獄に送られた。 革命派はフランス社会を根底から...
ほぼにち教養

【ほぼにち教養】音楽の基礎

音楽とは、模倣や楽譜によって再現できる、組織化された音のこと。 リズム(律動)、メロディー(旋律)、ハーモニー(和声)の3つの要素が組み合わされて作られている。 また、音を分析する際の基本的な要素は、以下の3つ。 ...
ほぼにち教養

【ほぼにち教養】プラシーボ効果

効き目のない治療で患者に良い影響が出ることを言う。 病気の人間に生理食塩水を注射したり、砂糖の錠剤を投与すると、効果がないにもかかわらず、患者の気分や状態がよくなったりする。 偽薬を服用すると、モルヒネを投与した時と同じようにエ...
ほぼにち教養

【ほぼにち教養】ワクチン

体に病気と闘う準備をさせる物。 毒を弱めた病原体か、死んだ病原体でできている。体の中の免疫系が、毒が弱まった病原体を退治することで専用の抗体を作り、その後本物の病原体が入って来ても、病原体を楽に撃退できるという考えに基づいている。
ほぼにち教養

【ほぼにち教養】催眠状態

暗示を非常に受けやすくなったトランス状態。 マインドコントロールというよりは、誘導された白昼夢のような物。 催眠状態にある脳からは、睡眠や夢と関係のある低周波の脳波が大量に出ている。 その一方で完全覚醒と関係のある脳波は、減っ...
タイトルとURLをコピーしました