英語「本当に伸びるの?」と不安なサラリーマンにオススメのTOIEC勉強法

TOEIC Blog
Pocket

英語を勉強していると、「本当に伸びるの?」と猛烈に不安になりますよね?

「英語力が伸びている」と実感できる瞬間は、正直なかなか訪れません。

今回は、会社員で忙しいながらも英語勉強に取り組んでいるあなたのために、私が実践したTOEIC勉強法をまとめました。

ちなみに私は、英語とは一切無縁の「田舎生まれ、田舎育ち」ですが、現在では超一流外資系金融機関で働いています。

これからお伝えするやり方で、私は社会人2年目の頃に845点取れました。

読んで欲しい人

  • 英語を勉強中だけど不安な人伸び悩んでいる人
  • TOEICで高得点を取りたい人
  • 英会話力をつけたい人
  • 外資系企業へ転職したい人

公式問題集を2冊、3回ずつ繰り返す

公式問題集には模擬試験が2回分収録されています。

時代によって出題傾向が変わるため、最新のものから順に購入するようにしましょう。

私は、マークシートをコンビニでコピーして、2冊を3周しました。
実は最初の頃は他の問題集を使って伸び悩んでいたのですが、ある時公式問題集がある事を知って取り組んでみたところ、500点中盤から700点中盤まで、200点程アップしました。

TOEICは、テクニック慣れが必要です。

質問の聞き方や、どこに注目しておけばいいかなど、傾向が分かれば自然と点数が伸びます。

なんだかんだ言って、公式問題集は最強です。

そしてポイントは、同じ問題集を何回もやり、あなたの中に刷り込むこと。
英語力とは関係のないところで点数が伸び悩んでいる可能性があるため、とにかく公式問題集をボロボロになるまで使い倒しましょう。

英語の動画でシャドーイング

動画に沿ってシャドーイングをすると、驚くほどリスニング力とスピーキング力が付きます。

本当に、自分が伸びていることに驚きます。

大半のに人は、リスニングの練習は”聞くだけ”で終わっていますが、はっきり言ってそれではリスニング力はほとんどつきません。

自分で発音して、音の特徴を理解し、自分の声を脳に響かせることで、初めて力が尽きます。

ちなみに私はフルハウスのドラマがとても好きなので、言語を切り替えながらひたすらシャドーイングをしました。

シャドーイングに関しては以下の記事でも書いていますので、ご覧ください。

この方法は、TOEICの点数が伸びるだけでなく、実践的な英会話力も身に付くため、非常にオススメです。

さいごに

少し私の話をします。

私は地方の田舎生まれ。
塾には一切通ったことがありません。

それでも、現在では超一流の外資系企業でバリバリ働いています。

では、そんな田舎生まれで大した教育を受けなかった私が、どうしてそのような超一流の外資系企業に入れたのか?

それは、TOEICで845点を取れたことが大きいです。

「TOEICはもうオワコンだろ」という人もいますが、私はそうは思いません。
外資企業の採用現場からしてみたら、非ネイティブの人材を採用するには、その人の英語力を判断する材料が必要です。

もちろん面接で英語で会話をしてレベルを測りますが、TOEICも一つの判断材料になります。

そのため、諦めずに英語勉強を続けてTOEICで高得点を取ることができれば、今とは違った世界を必ず見ることができます。

私は、「公式問題集のやり込み」と「シャドーイング」でTOEICの点数を大きく伸ばすことができました。

応援しています、頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました